災難を価値あるものにする


一昨年来日されたカナダのシニアヘルパー、マデリンのメッセージをシェアさせていただきます。


今、私たちが世界規模で経験している、この困難な状況と共に生きるために、どのようなプロセスが可能なのか。パスワーク的視点から、この状況を乗り切るための叡智をシェアされています。



このところ、しょっちゅう浮かんでくる言葉があります。

「危機を無駄にしない。」

今まで私の人生で、今回ほど畏怖を覚えるような世界規模で大きな危機の経験はありませんでした。

そして今回、本当に印象的なのは、皆で共にそれを体験していることです!


今シーズン、地球全体で共通の経験をしています。統一的体験と呼ぶものです。私たちは停止を余儀なくされています。今や誰もが止まること、あるいは必要不可欠な物資と安全の確保、そして健康維持に全力を尽くすことを強いられる状態にあります。

この停止はあなたにとってどんなですか?

何が起こっているか、このことの大きさを理解するために何をしていますか?

たくさんの損失は出るでしょう。

私はこれまで、自分の人生で与えられたトラウマも危機も経験してきました。また、喜びや充実感も。ですから今この年で、私はそのどちらに対しての受け入れもサレンダーも、かなり得意なほうです。

でも、いやはや今回は!

あるレベルでは、私とっても腹を立てています。長いこと力を注いできた多くの仕事がキャンセルになり頭を抱えました。予定していた素晴らしい1年の予定が全て変わってしまった。

でも、これは仕事に過ぎません。

介護施設にいる私の97歳のお母さんは生き残れるだろうか?そして他の人たち、免疫システムに問題を抱えている愛する人たちはどうだろう?私はどうなの?これが私の最期?とても不確実です!

この逆境と不確実な損失の可能性とどのように共にいますか?防御なき状態で、これら全てに対してオープンでいること、これを練習することはできますか?

私たち皆がそのようにできることを私は願います。この大いなる危機を集合的に無駄にしないように。

でも、どんな方法があるでしょう?

①確実さへ幻想、それに対するこだわりを手放す。

私たちは不確さが好きではありません。知りたがる、それが自我です。「私には責任がある。何が安全かを知る必要がある。」とエゴは言っています。

でも今は全てが不確かです。知ることはできないのです。私たちが良く知っていた日常、これが全く別な顔を見せています。

まったく!ちょっとスーパーに行くだけでも危険を感じるのだから!

②忙しくいようとする自分の傾向に対して、選択肢を持つこと。

忙しくすることは、現実で起こっている問題に対する自分の感情を感じることに対する防御であると、私はいつも感じてきました。これは一般的な防御であり、現代文化のスピード感によって支えられてきました。たくさんの選択肢があって、たくさんのやるべきことがある。

でも今、私たちは停止しています!私たちが選べば、忙しさは止めることができるのです。

ここには、自分自身に耳を澄ませるという美しい機会があります。今ある危機を無駄にしない素晴らしい方法です。私たちが止まる時、自分自身に出会う機会が得られます。

より大きな人生のデザインに関わる質問を自分にしてみましょう。そんな時間は今たっぷりあります。

「人生で変わる必要があるのはどこ?」

「自動操縦で生活しているように感じたことはありますか?」

「起こっている事柄に押されて、本当に重要なことに集中できないと感じたことは?」

「本当に重要なものが何であったかを見失っていたのでしょうか?」

もしどれかに当てはまるなら、あなたは今いい地点にいると言えるのではないでしょうか。

③自分の反応に優しくいる

私たちが自分自身に出会う時、防御なき状態へと招かれます。それは、私たちの防御を手放す練習の大いなる機会です。

私と同じように皆さんも、エゴが全力でしがみつこうとする所とブレイクスルーの瞬間とを行ったり来たりすることでしょう。この場所で踏ん張ることができるなら、この瞬間的なブレイクスルーの時間を分単位・時間単位、もしかしたら日々単位へと、引き延ばすことができるでしょう。

何がクレイジーかって、私たちが必死に抵抗しているそのこと、すなわち今の瞬間にサレンダーすることは、実際には素晴らしく喜びに溢れ、精神的、感情的、霊的に生き残ることができる一つの方法なのです。こういうご時世では特に。

これらが、私が自分のため、そして皆さんのために望んでいることです。

私たちの持てる力を全て使い、ハートを開くこと。そしてこの事態全体に対して防御ない状態でいれるように。この危機をチャンスとして使うということです。


その他、参考になる情報源として、182番「危機のもつ霊的な意味」(日本語版「パスワーク」11章)をご紹介します。

愛と祝福を込めて、マデリン


PIJ公式ホームページ http://www.pathworkinjapan.com/
PIJのイベント情報 http://www.pathworkinjapan.com/blank-7
125回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示